中国株取り扱い証券会社

今中国株が少しずつ注目されつつありますね。中国株を取り扱っている証券会社を紹介していきたいと思います。証券会社名だけを並べると、東洋証券、大和証券、E*トレード証券、松井証券、岡三証券、内藤証券、日興コーディアル証券、ユナイテッドワールド証券、オリックス証券、アイザワ証券、楽天証券、マネックス証券、岡三オンライン証券などが挙げられます。

 

どの証券会社の中国株を取り扱っているのですが、自分が株をするのにやはりその会社のメリットなども知っておかなければいけません。今挙げた証券会社の中から中国株をするのに適当に決めても問題は無いのですが、いろいろと比較してみて自分が最も良いと思う会社で中国株をするほうが良いと思いませんか?比較する内容ですが、まずは何といっても手数料ですね。中国株だけではなくて株をするにあたって手数料というのはつき物です。ですからその手数料が安いところにこしたことはありません。次に比較するところはサービス内容です。証券会社によって少しずつサービス内容というのは違ってきます。24時間対応しているかしていないかなど、比較しておいて損はありません。先ほど挙げた証券会社以外にもあると思うのでもっと沢山調べてみるのも良いかもしれません。

中国株速報モバイル版

中国株速報のモバイル版があるので紹介したいと思います。モバイル版の中国株速報はi-mode、Yahoo!ケータイ、ez-webに対応しているので、だいたいの人が持っている携帯で中国株の情報が見れると思います。モバイル版の中国株の内容などについて紹介していきます。

 

モバイル版の中国株速報の特徴の一つ目は、企業、経済、ITなどの10ジャンルの中華圏の株も含めた最新ニュースをリアルタイムで配信してくれます。1日24時間でだいたい60本を随時配信してくれるようです。1時間に2〜3個くらいということですね。モバイル版中国株速報の特徴の二つ目はランキングなどを掲載しています。証券コードやキーワードによる銘柄検索などもできます。モバイル版中国株速報の特徴の三つ目はビジネスや旅行にも役に立つ郵便番号や市外局番、ホテルの検索が出来ます。また5日間の天気予報の掲載しています。他には中国株投資に役立つ情報や、指数なども掲載しています。ですが、注意してほしいのがこちらのサービスは月額で使用料が発生してきます。ですから、勝手に使えるというわけではなく一応契約をしなければいけません。月額使用料は315円です。申し込んだ日がいつであっても、申し込んだ月から発生してきます。

中国の株について

中国の株をして本当に儲かるのかと思う人もいると思います。中国の株のメリットを説明したいと思います。中国の株に投資をする一番のメリットというのは、経済の成長性の恩恵を受ける可能性が大きいということではないかと思うのですが、みなさんはどうでしょうか。そもそも株というのは経済が発展してくると株価は上がります。今中国の経済というのは右肩上がりだと言われており、毎年葯8%ずつ成長してきているので、株価も上がっているのではないでしょうか。

 

では次に中国の株を投資するリスク、デメリットについても説明したいと思います。中国というのは社会主義国家であるため民主主義国家ではありません。ですから体制の変更があったときに国内が乱れる可能性もあるのです。中国の株価は上がっていくと考えられているのですが、確かではありません。中国の経済が必ずしも発展していくとは限らないのです。あとは外国株をするということは為替リスクが発生します。これはメリットにもデメリットにもとれますが、デメリットもあるということも覚えておかなければいけません。中国の株を始める前に、または始めたら中国経済の状況をこまめにチェックすることをオススメします。